書の会では、毎月一回、澄虹先生にお越しいただき、普段使いの筆の扱いやペン字の書き方などをご指導いただきます。

日常では、メールなどの機会に頼りっぱなしの生活ですが、いざというときの為でもあるのですが、墨を摺り筆を運び文字を書く

という行為に見える何かを見てみたいな~と思っています。

                         

先生からのメッセージは、皆さんが、心の底からリラックスされ、自分と向き合えるひと時になる事を願っています。

                            

 

                             

 

2021年度は

1月14日(木)基本点画(太筆)終了

2 月18日(木)九成宮醴泉銘.孔子廟堂碑(太筆)終了

3月18日(木)九成宮醴泉銘.孔子廟堂碑(太筆)

4月15日(木)手紙文(ボールペン、万年筆など)

5月20日(木) 熨斗袋書き(筆ペン、小筆)

6 月17日(木)色紙、短冊(小筆、中筆)

7月15日(木)暑中見舞い(筆記具自由)

8月休み 

9月16日(木)表札書(小筆、中筆)

10月14日(木)色紙(小筆、中筆)

11月18日(木)宛名書き(筆記具自由)

12月16日(木)カレンダーづくり(小筆、中筆)

     

時間は、10:30~

    14:00~

       

*各回、定員6名です。

 

月謝¥5000-

 

・お申し込みは、お電話090‐1900-0552(小森)

             mail:  hanakomori8@gmail.com

                                                                                                                                                                                                 

・空きがありましたら単発での参加も可                         

                                                                                                                                                                          

講師: 水野 真澄  雅号 澄虹(ちょうこう)  1980年 北海道幌生まれ

                                             書道の専門学校を卒業後、京都にて書道財団に勤務。その後独立。 京都市内にて初個展開催。

   

ホテルのエントランス、一般家庭に飾る書などの製作。書道教室運営の傍ら、京都市内近郊のホテル、

  百貨店、和菓子屋、検定協会ほか、飲食店の筆耕を担う。

 

 2013年 書の仕事を離れ、札幌、東京のホテル開業や、会計業務に携わるその間、展示会やCM題字制作、書で空間を彩る提案など。

 2020年京都市内にて個展。現在、日常に寄り添い、かんたんにきれいに、自分の文字をデザインしていくことをテーマに活動中。

 

             書写検定・・・毛筆/硬筆1級

          漢字/かな/硬筆・・・日本習字最高段位、師範免許